iPhone初心者に送る アイフォンを楽しむための情報局

iPhoneビギナーズ お役立ち情報満載

iPhoneの水没、全てを失わないために!

どんなに注意していても、ウッカリ手が滑りポチャン…という水没はあります。そんな時の緊急の対処方法と、その後の修理について紹介します。

 

水没時の緊急対策 <水没後、すぐに行う対処方法>

絶対に振ってはいけない
振ってしまうと水の浸食の少ない部分にも水が入ってしまう恐れがあります。また内部にある「水没センサー」のチェックマークが反応してしまうと本体交換サービスを受けられなくなってしまう恐れがあります。

とにかく拭く
タオルなどの布でiPhoneの水分を拭き取ります。
まずは、見える部分だけでも、早急に水をふき取りましょう

電源を切る
電源が入っている場合はすぐに切ります。もし、 電源を入れてしまうと被害が拡大する恐れがあります。
電源が切れない場合は「電源ボタン」と「ホームボタン」の同時押しで強制終了を実行してください。

ティッシュで水分を吸う
「こより」(ティッシュの先を細く丸めたもの)を作ってイヤホンジャックやDockコネクタの水分を吸い取ってください。
内部の「水没センサー」を反応させないために、細部までしっかりと水分を吸い取ります。

SIMカードを抜く
購入時に付属していたSIMカードを抜き取る道具を使用して、SIMカードを取り外します。

とにかく乾燥させる
ドライヤーの冷風を数時間あてたり、ジップロック(冷凍食品などの保存袋)に乾燥剤や押し入れ用の湿気取りと一緒にいれておくなど、しっかり乾燥させましょう。
乾燥剤がない場合は、お米に水分を吸収する性質があるので、ジップロックにお米をいれて本体を埋めておきましょう。

最低でも丸一日は電源を入れずに放置
あせってもいいことはありません。数日は乾燥させておく方がいいでしょう。

●電源が入ったらデータのバックアップ、早めに修理
シッカリ乾燥させた後、電源を入れ、幸運にも電源が入ったら、すぐにituneでデータのバックアップを行います。
水没の程度にもよりますが、内部に水分が入ってしまったiPhoneは、早いうちに壊れることが多く。そのまま使い続けるのは難しいので、出来るだけ早く修理に依頼しましょう。

 

水没で故障した場合の修理費用は?格安な方法とは

水没したiPhoneはメーカー保証対象とはなりません。有償での修理となります。
Appleの説明書には、「損傷や液体侵入が原因で故障した場合は製品保証の対象になりませんが、保証対象外(OOW)修理サービスが受けられます。」 と明記されており、保証対象外となるメーカー修理では22,800円~72,450円の料金で、大切なデータち全て消去されます。

しかし、水没したiPhoneの修理は、メーカー以外でも出来ます。 iPhone修理専門店に依頼する場合、見積もり・診断だけなら2,000円、水没時の修理は7,700円~と格安の料金で修理してもらえます。また、本体を丸ごと交換するメーカー修理とは異なり、多くの場合データが消去されずに残ります

 


サンプル画像