iPhone初心者に送る アイフォンを楽しむための情報局

iPhoneビギナーズ お役立ち情報満載

iPhoneケース・カバーのおすすめ情報

iPhoneを使うならぜひお勧めしたいのがカバーやケースです。iPhoneにはたいていのケータイについているストラップ穴がありません。そのためiPhoneを落下させる方は結構います。

過信しないこと

「私は絶対に落とさない!」とか「キズなんて気にしない」という方もいらっしゃると思います。確かにケースやカバーが無いほうが薄くて持ち運びもしやすいでしょう。しかしiPhone 3GSの前面はガラスです。iPhone 4では前面と背面がガラスです。指紋やキズがつきやすいだけでなく、割れる確立も高いです。



ケース・カバーをつける利点

ケースやカバーをつけることで、長く綺麗に使うことができ、衝撃を吸収してくれて、グリップ感を向上させ落下の確率を下げてくれます。またiPhone 4についてはフレームが通信用のアンテナになっているので手で持つと電波効率が低します。ケースやカバーをつけることで絶縁することができアンテナを触らないため電波低減が起こらないそうです。



素材比較

ではどんな素材がいいのでしょうか?ここでは主な材質のものをご紹介します。

 

ポリカーボネート・プラスチック
飛行機の素材としても使用されているポリカーボネート素材は、衝撃に強く変形しにくく、薄さと軽さが特徴の保護性優れた新素材です。

指紋・汚れ・油など付いても、軽く磨けば綺麗にピカピカになります。

ただし小キズが付きやすいので、注意が必要です。

 

シリコン・ラバー
耐衝撃性を求めるならばこれが一番です。ストラップ穴がついているものもあります。

ケースの両側面には衝撃を軽減するリブがついていて握りやすく、滑りにくくなっています。ただし少し厚くなってしまうのが難点です。

 

革・布
おしゃれなデザインが多いのが革や布などです。

カードポケットがついていたり、フックがついていて鞄やベルトにかけられたりとなかなか使い勝手も良いです。

ものによってはプラスチックケースの上に革製のカバーをつけるものもあり、耐衝撃性にも対応しています。ただしこちらも少し厚みが増すのが気になるところです。

 

上記以外にもアップル純正のものや、アームバンド型、金属製・木製など種類やデザインは多種多様です。自分が一番重視したい部分を検索キーワードにすると色々とヒットするので自分好みのケースをぜひつけておきましょう。