iPhone初心者に送る アイフォンを楽しむための情報局

iPhoneビギナーズ お役立ち情報満載

iPhoneの破損が多発中!

iPhoneのような高価な小物製品は紛失や破損がつきまとうものです。2010年8月の「らばQ」の記事で一般的に多い破損内容が紹介されていました。
●画面にヒビが入った
●お風呂・トイレに落とした
●ペットが置いている所から落としてしまった
●通話相手の声が聞こえない
●車のルーフに置いていたら運転中に落ちた
●ネットに接続できなくなった
●充電ができない
●画面がフリーズする
また、iPhone 4に関してはiPhone 3GSよりガラススクリーンの破損トラブル報告が82%上回ったと言われ、他のトラブルも68%も上回っているそうです。

 

iPhone修理専門店ならデータも残り修理費用も低価格

破損したiPhoneを慌ててAppleやソフトバンクのショップに修理を持ち込むと最低でも22,800円の修理費用が掛かり、ひどい場合には8万円近い高額となることもあり、基本的に中のデータはすべて消去されてしまいます。

このような事情から、最近ではiPhone専門の修理店に持ち込む方が多くなっています。Apple正規の純正パーツを使用して5,800円~11,800円とかなりの低価格で修理が受けられ、iPhoneに保存されているデータも残るので安心です。

何かと、iPhoneを壊してしまうことが多い人には、修理専門店が行っている スマートフォン保証サービス!が良いでしょう。1年間7980円、2年12600円の加入料金で、年間2回まで無償で修理してもらえます。過失による落下や水没などによる破損や故障までカバーしてくれます。

 

iPhone修理専門店のメリット・デメリット

iPhone修理専門店のメリットは、中のデータが消えないこと、そして、料金が低価格店であることでしょう。

メーカー修理ではiPhoneの購入価格に匹敵するほどの高額な修理料金(22,800~80,000円)となりますが、iPhone修理専門店ならば良心的な修理料金で5,000~15,000円ほどの低価格です。

また、メーカー修理では本体の交換となるため中のデータはすべて消去されます。そのため、バックアップしてないデータは全て消えてしまい、修理後にデータやアプリを戻す作業が必要になります。一方のiPhone修理専門店は壊れた部品を交換するだけですので、中のデータは全てそのまま残り、修理後もそのまま以前と同じように使用できます。

お店によっては代替機を貸し出してくれるところもあります。遠方の場合は送料無料で配送可能のところもあります。修理の期間は正規の修理よりも速く、持ち込みの場合には最短で15分で仕上げてくれるところもあります。大半の店舗は修理後3ヶ月くらいの保障期間があります。

デメリットとしては、メーカー保証を受ける場合に、メーカー以外で修理したことがわかるとApple公認ではないためメーカー保証が受けられなくなる場合がごくまれにあるようです。

おすすめの修理専門店 ⇒ iPhone修理専門店

壊すことが多い方には ⇒ スマートフォン保証サービス!


サンプル画像