iPhone初心者に送る アイフォンを楽しむための情報局

iPhoneビギナーズ お役立ち情報満載

iPhoneのバッテリーの持ちは?長持ちのコツ

iPhoneを持っているとメールをチェックしたり、新しいアプリを使ってみたり、音楽を聴いたり、ついつい遊びすぎてバッテリーが無くなったということも少なくないはず。Appleの公式ホームページでは「バッテリー性能にもっともダメージを与える原因は高温である」と注意しています。直射日光下や高温になる車中(ダッシュボードの中)などに放置しないようにしましょう。他にも少し設定を変えるだけでバッテリーを長持ちさせることができます。そこでここではバッテリーを長持ちさせる方法をご紹介します。

バッテリー残量率
「設定」→「一般」→「使用状況」→「バッテリー残量率」をオンにしましょう。バッテリー残量が100%表示になり残量がわかりやすくなります。

画面表示を暗めにする
画面が大きいiPhoneだけにバッテリー消耗の大きな原因になっているのが液晶画面の表示です。
「設定」から「明るさ」を手動で調節しましょう。

iPhoneをロックする
スリープ/スリープ解除ボタンを押してロックをするか、「設定」→「一般」→「自動ロック」を選択してロックするまでの時間を設定しましょう。

Wi-Fiをオフにする
「設定」→「Wi-Fi」をオフ設定にしましょう。

位置情報サービス(GPS)をオフにする
「設定」→「一般」→「位置情報サービス」をオフにしましょう。

情報の自動受信をオフにする
「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」→「データの取得方法」→「プッシュ」をオフ、さらに「フェッチ」→「手動」にすることで余計な通信の発生を防ぐことができます。

Bluetoothをオフにする
「設定」→「一般」→「Bluetooth」をオフにしましょう。

プッシュ通知をオフにする
「設定」→「通知」をオフにしましょう。これでAppleのプッシュ通知サービスのアップデートのお知らせが無効になります。



サンプル画像