iPhone初心者に送る アイフォンを楽しむための情報局

iPhoneビギナーズ お役立ち情報満載

iPhoneのバッテリー寿命を伸ばすコツ

iPhoneの充電にはタイミングがあるということをご存知ですか?少し気を使うだけでバッテリー寿命を伸ばすことができます。

寿命を伸ばすために

ギリギリまで使い切ってから充電した方がいいというイメージがありますが、実は違うんです。フル充電や完全放電すると劣化が早く進みます。バッテリー寿命を伸ばすためには残量が10%を下回ったところで充電開始。そして80~90%くらいで完了させます。つまり短時間で充電を終わらせることでバッテリー寿命が伸びるのです。iPhoneの場合、約1時間で急速充電できます。1時間を目安にこまめに充電をすることが大切です。ただし月に一度は完全放電とフル充電をしてバッテリーをリフレッシュすることをお勧めします。

これはしてはいけない

そしてもうひとつ大事なことは高温にしないこと。高温になるところで充電するのはやめましょう。高温にさせないために充電時はケースから出しておくことも大切です。Appleの公式ホームページでは「iPhoneのバッテリーはフル充電と放電のサイクルを400回繰り返すと完全に充電しても元の容量の80%までしか充電できなくなります。必要な容量まで充電できなくなった場合は新しいバッテリーに交換してください」とあります。

アプリを活用

そこで重宝するのが「バッテリーログ」というアプリです。バッテリーの増減状況を把握して時系列にグラフで表示してくれます。バッテリーの残容量が1%毎に表示されるのでとっても把握しやすいです。設定画面の「充電サイクル」も活用しましょう。回数ではなく100%を充電して1サイクルとカウントされるのでこの「充電サイクル」の数値が400になったところでバッテリーを交換したほうが良いでしょう。同じようなアプリで「バッテリーマスター」というフリーアプリもあります。他にも「電池医師-お使いのバッテリー寿命の増加」というアプリもあります。バッテリー残量が20%以下になったらアプリを起動して満充電で知らせてくれます。



サンプル画像